生活保護受給者も闇金のターゲット

生活保護受給者は闇金業者にとって絶好のカモ

生活保護受給者は、本来であれば借金をするのは禁止となっています。生活保護で受給されたお金を借金の返済に使用してはいけないということですね。そのため、生活保護受給者は消費者金融などの一般的な金融機関では融資を許可されることはありません。

 

しかし、何らかの理由によって生活保護受給者がお金を必要になってしまうことがあります。人によって理由はさまざまでしょう。シングルマザーの方が生活費や教育費のために。ギャンブル依存症の方がギャンブル費のために。そんな時に甘くささやくのが闇金業者なのです。

 

前述の通り、生活保護受給者にお金を貸すのは法律により禁じられています。そのため、法律にのっとった金融機関では生活保護受給者は借金が出来ません。しかし、闇金業者はその例にはあてはまりません。もとより法律を無視した存在である闇金は、法律を破って生活保護受給者にもお金を貸してしまうのです。

 

大抵の場合、生活保護受給者カードと引き換えにして闇金業者はお金を貸すそうです。そして、受給日にATMに同行し、そのまま生活保護費を闇金の返済に充てさせるのだそうです。結果、生活保護がなくなり、生活がままならなくなった受給者は、さらなる闇金に手を出してしまうというわけです。

生活保護受給者も専門家に相談を

生活保護受給者も、闇金からお金を借りることが本来ならば認められていることではないことは理解していると思います。悪いことをしている自覚があるからこそ、周囲に言い出すことが出来ず、借金を重ね、状況がどんどん悪くなっているのだと思います。

 

このような状況を抜け出すには、生活保護受給者であっても、他の闇金に悩む人と変わりはありません。つまり、闇金対策の専門家に相談し、対応してもらうということです。自分で悩んでいても状況は悪くなる一方です。このサイトを見る余裕がある方なら、まだ間に合うと思います。

 

無料で闇金対策の専門家の弁護士や司法書士に相談することができます。まずは相談することから始めましょう。正直なところ、生活保護受給者で闇金に悩んでいる方は珍しくありません。そのため、弁護士や司法書士もそのような場合にどう対処すればよいかは分かっているはずです。

 

相談料も無料だし、その後の着手金も後払いや分割払いで対応してくれます。もし、今闇金によってにっちもさっちもいかない状況にあるのならば、まずは闇金対策の専門家である弁護士や司法書士に相談のメールを送ることから始めましょう。今の自分の置かれている状況を包み隠さず話すことで、確実に何らかのアドバイスをくれるはずです。

闇金相談

TOPへ