闇金が信用のためにと求めることに騙されない

闇金が「信用のために」と言ってくることを信じない

闇金を利用することを考えている人というのは、基本的に闇金に頼るより他に融資をしてくれる金融機関がないといった状況に陥っている人です。例えば、クレジットカードの返済が長期にわたって滞っていたり、複数の消費者金融から借り入れをしてしまっていたりなどです。いわゆる信用履歴がブラックの人ですね。

 

このような信用履歴がブラックでにっちもさっちもいかなくなってしまった人を相手にするのが闇金です。融資を望んでいる人の足元を見るために、徹底して不利な条件を押し付けてきます。自力では決して抜け出すことの出来ない地獄へと突き落とされてしまうのですね。

 

そんな闇金がよく言うことに、「ブラックなあなたの信用を新しく準備するために、一度返済履歴を作って欲しい」ともちかけてくることがあります。とりあえず2万円を融資するので、週末に4万円を返済して欲しいというものですね。このプロセスを踏むことで、希望する金額を融資するという提案をしてきます。

 

当然ですが、この提案に乗ってはいけません。金融機関における信用というものはあくまで過去の履歴のことであって、これから何かをすることで新しく信用が創造されることはあり得ないからです。結局、騙して2万円分多く振り込ませることが目的の詐欺であるというだけのことです。

「信用のための返済履歴」に騙されてしまったら

繰り返しますが、闇金業者が言葉巧みに提案してくる「信用のための返済履歴作り」は全くの詐欺であり、一度でもその提案にのってしまうと、その後はあの手この手で毎週借金を返済していかなければならない状況に追い込まれてしまうものです。

 

よくあるのが、言われた通りに返済したのに、「返済履歴を確固たるものにするに返済金額が足らないので、追加でさらに入金しろ」というものです。全くの詐欺なのですが、このようなことを闇金業者は際限なく言ってくるために、どんどん追い込まれていく結果になってしまいます。

 

もしあなたがどこかのタイミングで、この闇金業者の「信用のための返済履歴づくり」の詐欺におとしいれられてしまっていると気がついたら、まずはそれ以上返済することを止めましょう。そして、闇金相手のプロフェッショナルに相談をしてみましょう。闇金対応を専門としている弁護士や司法書士です。

 

おそらくあなたの返済が滞ると烈火のごとく闇金業者の催促の電話や嫌がらせが始まります。これに対抗するために必要なのが、この弁護士や司法書士の力です。闇金の生態を熟知しているプロが嫌がらせを効果的に沈めてくれます。もし闇金の詐欺被害にあわれているならば、すぐにでも無料の相談を受けてみることをおすすめします。

闇金相談

TOPへ