闇金はスマホ契約を強要してくる

スマホ契約を求める闇金は詐欺でしかない

闇金を利用を考える人は、他の金融機関から融資を断られてどうしようもなくなってしまっているような人です。そのため、精神状態も正常ではないことが多く、一見するととても許容できるようなことではない闇金の要求にもしたがってしまうことがあります。そんな闇金の要求として最近になって増えてきているのが、スマホの契約をさせるというものです。

 

「あなたの今のブラックな状態では信用がなく、お金を融資することが出来ません。なので、まずは携帯ショップにいってスマホを契約してきて下さい。そして、そのスマホを(闇金業者に)郵送で送ってください。それが確認され次第、すぐに融資をすることが出来ます」

 

闇金に連絡をとるとこのように言われることがあります。言うまでもなく、このようなことを言ってきた闇金は詐欺です。この闇金の言うことに従うことで、融資などを受けることが出来ないのはもちろんのこと、犯罪の片棒をかつぐことにもなってしまいます。絶対にしたがってはいけません。

 

ここで契約したスマホは、闇金業者が犯罪をするにあたって利用するものです。契約した携帯電話を譲渡することは法律で禁止されている行為であり、たとえ知らずに闇金業者にスマホを譲渡してしまっても、あなたが犯罪の共犯として逮捕されてしまう可能性もあります。

スマホ契約詐欺にかかったら専門家に相談を

もし、今このウェブサイトを見ているあなたが、闇金業者が主導するスマホ契約詐欺の被害者である場合は、すぐに専門家に相談をし、対策を練る必要があります。ここで言う専門家は、対闇金で経験を積んでいる弁護士や司法書士です。基本的に、個人で闇金が関わる問題をどうにかするのは不可能だと思って下さい。

 

「弁護士や司法書士に相談することで、警察に知らされてしまうかもしれない」

 

スマホを譲渡するという犯罪に片足を突っ込んでしまった方はそのように思うかもしれません。しかし、その心配はありません。法律事務所には守秘義務が存在しており、相談に訪れたことを警察に知らせることは禁止されています。そのため、あなたの状態がどんなであっても真摯に相談に乗ってくれるはずです。

 

弁護士や司法書士など闇金への専門家への相談を経て依頼をすると、着手金としてお金を払う必要があります。闇金と関係をもってしまっているあなたはこのお金の心配をするかもしれません。これも大丈夫です。

 

闇金対応に慣れている法律事務所は債務者の事情をくんでくれ、着手金を分割払いや後払いで対応してくれます。なので、闇金業者のスマホ契約詐欺に少しでもひっかかってしまった場合には、状況のいかんを問わずに、弁護士や司法書士にコンタクトをとりましょう。

闇金相談

TOPへ