闇金業者は電話が主体?

闇金から連絡手段は電話のみ

闇金ウシジマくんなどのエンタメ作品や一部のVシネマなどに代表される借金取りのイメージによって、闇金の取り立てはヤクザのチンピラが自分の家や会社に怒鳴り込んでくるのを想像するかと思います。しかし、現代における実際の闇金は、直接乗り込んできてあなたと顔を合わせるということはほぼほぼしないと思って大丈夫です。

 

闇金も自分のやっていることが違法なことであり、警察には見つかり次第逮捕されてしまうことは理解しています。そのため、わざわざ逮捕のリスク上げるような、対面で姿を見せなければいけないような取り立てが行われることはめったにありません。090の携帯電話での連絡が闇金のほとんどだと思って間違いないでしょう。

 

どれだけ威勢のよいことを闇金が電話でいってきたとしても、電話による嫌がらせ以上のことをすることはほとんどありません。もちろん、電話による嫌がらせだけでも相当につらいのは事実なのですが。なので、闇金側も思い切った行動は取れないのだということを理解しつつ、闇金相手には毅然とした態度で接していくことが大事になります。

 

基本的には、闇金からの電話には徹底して出ないということが大事です。また、家族や会社にも嫌がらせがおよんでいる場合には、自分あてには取り次がないでもらったり、電話に応じないように協力を依頼することが大事です。恥を捨てて、頭を下げて助けを求めましょう。

闇金対策の基本は弁護士や司法書士

しかし、いくら闇金業者のあなたに対するコンタクト手段が電話のみだからといって、あなたが個人で闇金との問題を解決するのは難しいと思って下さい。これはかなりの危険をともなうことなので避けるべきことです。代わりに、闇金相手の対応に実績のある弁護士や司法書士をお願いするようにしましょう。

 

闇金と対応を繰り返しているプロフェッショナルなら、どのようなことをすれば闇金が引き下がってくれるのかなど闇金の生態について熟知しています。なので、もしあなたが今現在闇金と関係を持ってしまっているならば、すぐにでも弁護士や司法書士に相談をし、対応策についてアドバイスをもらうようにしましょう。

 

弁護士や司法書士というと、お金がかかることを心配する方がいます。しかし、闇金対策のプロである彼らは、債務者がお金に困っていることももちろん把握しています。そのため、着手金は後払いや分割払いで対応してくれるのがほとんどです。

 

闇金問題をなんとかしたいならば、弁護士や司法書士にお願いする以外の選択肢はありません。電話による嫌がらせに負けず、対応を進めていきましょう。

闇金相談

TOPへ