闇金は勤務先の会社にも圧力をかける

闇金から会社への嫌がらせは止めるには?

闇金が債務者から金を巻き上げるときの常套手段に、債務者の職場に執拗な電話による嫌がらせをするということがあります。無言電話を何百回とかけてきたり、債務者を出せと怒鳴ってきたり。これらの迷惑な電話による会社への嫌がらせを何とかすることは出来ないのでしょうか。

 

結論から言うと、この闇金業者による悪質な嫌がらせは止めさせることができます。闇金対策において実績にあるプロフェッショナルに対応してもらうことです。闇金対応を専門にしている弁護士や司法書士ですね。彼ら法のプロに相談し、嫌がらせを止めてもらい闇金との関係を終わらせる方向で動いてもらうのです。

 

また、すでに会社への嫌がらせが始まっている場合には、正直に闇金で困っている旨を打ち明けて、職場に自分は退職したように闇金に伝えてもらうようにお願いをしたり、職場から警察に業務妨害で被害届を出してもらうように頼むことも必要になります。闇金から職場への嫌がらせがある時点で、職場との関係は悪化すると思いますが、一日も早い解決のためには覚悟を決めて職場に協力を求めることが大事になります。

 

あとは、自分から闇金に対してなんらコンタクトは持とうとせずに、ただただ相談した弁護士や司法書士から言われたように闇金に対応をしましょう。嫌がらせがつらい時期があるかもしれませんが、結局のところ、これが最善最速の闇金解決法となります。基本的には闇金からの連絡は徹底的に無視しろと言われることになるかと思います。

嫌がらせを止めるために闇金に金を振り込むのは最悪

会社への闇金業者からの執拗な嫌がらせを何とかしたい。その気持ちから少額でも利息だけでもと、何とか金策をして返済をしてしまうというのは、闇金への対応としては最悪のものです。少しでも嫌がらせに屈してしまうことで、闇金はあなたは嫌がらせをすることで金を払うやつだと認識するようになります。

 

その結果、職場への嫌がらせはますますエスカレートしていくだろうし、あなたへの脅迫めいた連絡も増えていく結果になると思います。闇金相手に避けなければいけないことは、闇金から「こいつはカモだ」と思われることです。逆に、闇金に「こいつは金払い悪いし厄介だ」と思われるようにならないと闇金からの嫌がらせは止まりません。

 

なので、今闇金に悩んでいているならば、とにかくプロの弁護士や司法書士に相談をし、そのアドバイスを基に闇金に対して断固とした態度をとることが大事です。少しでも嫌がらせを緩和させたいと思って、闇金相手に個人で譲歩してしまうことだけは避けるようにしましょう。

闇金相談

TOPへ