闇金は両親など家族に嫌がらせをする?

闇金の取り立ての電話は両親にまでおよぶ

闇金に借金をしていることを両親に知られたくない。闇金の嫌がらせの矛先が実家の両親におよぶのを何とか防ぎたい。そのように思う方は多くいます。誰だって自分が闇金業者みたいな組織から借金をしていることは知られたくないものです。ましてや自分の大切な存在である両親においてはなおさらです。

 

しかし、もしあなたが闇金に融資を頼んだ時に両親や実家の連絡先を闇金業者に教えてしまった場合には、今後返済が滞ったときには、間違いなく闇金業者の取り立てや催促、そして嫌がらせの電話は実家の両親にまでおよびます。あなたがそれを嫌がっているなら尚更です。

 

なぜなら、当然のことですが、闇金業者はあなたが嫌がることであれば嫌がることであるほど喜び勇んでそれを行うからです。もし取り立て催促の電話口において「お願いだから両親には知らせないで下さい」なんて言おうものなら、その瞬間に際限なく実家に嫌がらせの電話を繰り返すでしょう。

 

闇金というのは、手を出した時点において既に負けです。もし、闇金業者にあなたやあなたの周囲の人に関する何らかの情報が知れてしまった場合には、もう穏便に解決する方法はないと思って下さい。ある程度のことは覚悟して、腹をくくった態度で闇金業者に対抗していくことが必要になります。

闇金業者の嫌がらせを止めさせるには

では、自家の両親を含め、闇金業者に連絡先を知られてしまった場合にはどのように対処すれば良いのでしょうか。まず、何よりも優先してやるべきことは、闇金対策のプロに相談して対応をお願いすることです。具体的には、対闇金で実績のある弁護士か司法書士ですね。

 

多くの闇金に対抗してくれる法律事務所は無料の相談を24時間受け付けています。まずは、それらに申込み、専門家に相談をし、対策についてのアドバイスをもらうことです。その後は着手金がかかりますが、後払いや分割払いで対応してくれるので、今現在手持ちのお金がなくても大丈夫です。

 

また、一度闇金業者に知られてしまった連絡先については、基本的に廃棄するしか根本的な解決法はないと思って下さい。大体の場合、専門家から闇金業者への忠告で嫌がらせは止みます。しかし、一度流出してしまった連絡先に関しては、二度と闇金業者の手元から消えることはありません。

 

そのため、きっぱりと闇金業者との関係を解消するには、教えた電話番号を変更し、引っ越すことで住所を変え、銀行口座を凍結するしかないと思って下さい。労力のかかることですが、闇金業者と完全に縁を切るためには、ここまで徹底するしかないということです。そのぐらいの強い覚悟をもって望みましょう。

闇金相談

TOPへ