闇金の嫌がらせは耐え難いもの

闇金業者の嫌がらせは電話が中心

闇金業者は自分たちが法を犯したことをしているという自覚があります。そのため、常に警察に検挙されることを用心しつつ闇金業務を行っています。したがって、闇金業者が不用意に債務者に接触するといったことはありません。ヤクザみたいな人が自宅に直接来て取り立てを行うなんてことはほぼないということです。そんなことして警察を呼ばれたら終わりですからね。

 

その代わりとして闇金業者が行うのが、電話を用いての執拗な嫌がらせです。債務者本人への催促の電話から始まり、職場、保証人などへ執拗なまでに嫌がらせの電話を行っていきます。債務者が嫌がることは、電話を用いてできることなら、とにかく何でもやるというスタンスです。

 

よくあるのが、無言電話や強い口調での脅迫の電話。そして、深夜に行われる繰り返しの催促の電話です。上記のように、直接闇金業者が乗り込んでくるというのはないのですが、電話だけでもこれだけ執拗にやられると段々とノイローゼになってきて、次第にメンタルが弱っていきます。

 

また、会社にも嫌がらせいくことで、職場に迷惑をかけることで職を失ってしまうこともあるようです。とにかく、電話です。ひどい例だと、自宅周辺のご近所さんにまで迷惑電話をすることもあるようです。このようなことを繰り返すことで、闇金業者はとにかく金を払わせようとするわけです。

嫌がらせ電話に屈しない

では、このような電話中心の闇金業者による嫌がらせにはどのように対処すれば良いのでしょうか。結論から述べてしまうと、嫌がらせに決して屈することなく無視し続けるということです。一切応じることなく、相手が飽きるまでひたすらに我慢するということですね。しんどいかもしれませんが、これが一番です。

 

逆に、一番やってはいけないことは、嫌がらせに根負けして少額でも闇金業者に返済をしてしまうことです。嫌がらせに効果があったと闇金業者が判断したら、引き続きさらに執拗に嫌がらせを行ってくるでしょう。少額の返済は相手に付け入る隙を与えてしまうことになるのです。

 

繰り返し述べていることですが、相手が闇金業者な時点で法的には返済の義務は債務者には一切ありません。やるべきことは、闇金業者への対応を専門の弁護士や司法書士にゆだねることだけです。プロの彼らに闇金業者とのやり取りにを丸投げし、後は嫌がらせが終わるのを待つのみです。

 

少しずつでも闇金業者の言うとおりにお金を返していては、いつまでたっても嫌がらせは止みません。毅然とした態度で嫌がらせを無視し、弁護士や司法書士の指示通りに動くことを心がけましょう。これが闇金対策の唯一にして鉄壁の対策になると思います。

闇金相談

TOPへ