無職の人も闇金のターゲット

無職にも闇金はお金を貸してくれます

当たり前のことですが、通常の消費者金融は無職にはお金を貸し出すようなことはありません。これは、収入の見込みがなく、返済のめどが立たないからです。返済の可能性がないような人にわざわざお金を貸すようなことはありませんよね。そのため、普通ならば、まず無職の人は何らかの職に就くことが必要になります。

 

パートでもアルバイトでもいいから職について、将来的な収入の目星を立たせる。で、それにしたがって消費者金融などに融資を頼む。これが手順です。しかし、このセオリーを無視し、無職でも融資の対象としてしまうのが闇金です。無職でもお金を借りられてしまうのです。

 

なぜ闇金業者は無職にもお金を貸すのでしょうか。それは、無職相手でもその融資額を回収できる自信があるからです。闇金は言うまでもなく、違法行為を何のためらいもなく行います。そのため、無職相手でも資金を回収できるめどを立たせることが出来るのです。

 

よくあるパターンが、保証人です。無職でも保証人の連絡先を指し出すことができれば融資は可能です。保証人に取り立てを行い、資金を回収すれば良いからですね。本来ならば、債務者本人以外から借金の取り立てをするのは違法なのですが、そんな方など知ったこっちゃないというのが闇金なのです。

闇金に悩むなら専門家に相談を

もし、今のこのサイトを見ている方で、無職で闇金からお金を借りようとしているならば、それは絶対に止めるべきです。自分の身はもちろんですが、保証人として要求される親密な人、家族なども一緒に地獄に叩き落とすことになってしまいます。無職のあなたからお金を引き出せないと闇金が判断したら、狙われるのは保証人であるのは当然ですよね。

 

今現在、どんな悪い状況にあっても、闇金に頼る以外の解決法は必ず存在します。例えば、借金に悩んでおり利子すら払えない状況であるとしても、自治体の法テラスなどで相談し、専門家に解決策を模索してもらうことも出来ます。何が何でも闇金だけは避けなければなりません。

 

また、もし無職でありながら闇金を利用してしまい、今現在困っている状態にあるならば、何はともあれ対闇金の専門家に相談することから始めましょう。闇金対策に知見のある弁護士や司法書士です。相談は無料で受けてくれるし、後の着手金も分割払いや後払いで対応してくれます。

 

そして、その専門家のアドバイスに基づいて、一日も早い闇金との関係の解消を目指すのが先決です。弁護士や司法書士への相談では、自分の置かれている状況を、無職であることも含めて、包み隠さず話しましょう。その状況にあった適切なアドバイスをもらえるはずです。

闇金相談

TOPへ